たこ焼き屋の移動販売がなぜ儲かるのか8つにまとめてみたよ!

こんにちは、移動販売たこ焼きブロガーたけ(@yumekanaeru21)です。

 

  • 昔からたこ焼きって儲かるってよく耳にしないですか?
  • もしくは粉もんは儲かるとか?

 

正直どうかというと

 

儲かります!!!

 

でもなぜ儲かるのか?気になりますよね。わたしはたこ焼き屋を始める前に気になってました!ということでなぜ儲かるのか8つにまとめてみました

 

スポンサーリンク

たこ焼き屋の移動販売がなぜ儲かるのか8つにまとめてみたよ!

  • やっぱり粉もんは儲かる
  • 平日も儲かる
  • 初期投資が少ないので儲かる
  • 場所を選ばないので儲かる
  • 定番商品は儲かる
  • ロスが少ないので儲かる
  • たこ焼きの移動販売は需要が多いので儲かる
  • 意外とたこ焼き屋をやりたがらないから儲かる

たこ焼きの移動販売は粉もんだから儲かる

粉もんは原価がとても安くおさえられるので、利益をだしやすいので儲かります。

各原料が以前よりも値上がりしたとはいえ、まだまだ利益率は20%ほどです。

Take
昔はたこ含めすべてにおいてやすかったと先輩業者にききましたがどんだけ儲かってたんだと思いました。

500円販売時→原価23%〜25%(ロスする数で原価は変動します。)

600円販売時→原価18%〜20%(ロスする数で原価は変動します。)

という感じで原価低いです。

 

移動販売で人気の肉系の商品はどれも原価が30%を超えてしまうのが普通です。

からあげ30%

ステーキ、肉系30%〜

ハンバーガー40%〜

比較しても粉もんは他の商材と比べて原価が低いと言えます。

もちろん商売をするに当たって原価だけを見て商売を始めるのはナンセンスですが、やはり原価が低いということは儲ける重要な一つの要素です。

 

ということで粉もんはやはり原価低いので儲けやすいです!

 

スポンサーリンク

たこ焼きの移動販売は平日も儲かる

 

たこ焼きが儲かる2つ目の理由は平日でも売れるということ。

 

移動販売の業界にはイベント商材があります。イベント商材に関しては平日売りづらいんです。

 

例えば、ポテト!

 

平日のランチに毎日ポテト食べようとは思わなくないですか?でも、ポテトってイベントとの相性抜群なんです。

ただ平日をそれだけでやっていくのは少し苦しいかと。もう一つのイベント商材だなーと思うものは値段設定が高めのもの!

 

例えば、ステーキ丼!!!

 

イベントで見る値段設定としてはだいたい1000円ぐらいが相場ではないでしょうか?でも、平日のスーパーで売れるか?というと正直むずかしいかと!

平日のスーパーなんて基本主婦の方しかいないですからね。たまたまあるスーパーの辺りはステーキ好きの主婦が多くてステーキ丼がよく売れる!!

といったことは正直考えにくいですよね。

 

たこ焼きの場合は基本平日500円で販売しています。そして価格的にも絶妙かと!

 

たこ焼きは平日のお昼にも食べれるし、おやつにも食べれるし、夜の晩御飯にも食べれるし正直万能な商材なんです。

また平日の場合1人で食べるって人がイベントと比べて多いです。

女性の場合だと「たこ焼き8個入りは多いわ」って人に対してもたこ焼きは数を6個、10個とか柔軟に変えれる商材なので平日1人で食べる人たちも逃しにくいです。

やはり上記の商材は時間帯、場所、ターゲットに制限されやすいと感じます。

という事でたこ焼きは平日でも柔軟に売れるということでした。

 

たこ焼きの移動販売は初期投資が少ないので儲かる

移動販売のたこ焼きが儲かる3つ目の理由は

初期投資が少ないので儲かります。

ビジネスをはじめる上で大事なことは投資した分を回収すること。

初期投資をして何年で投資した分を回収するのか?これはビジネスの基本です。

 

投資した分以上に多く回収しなければなんの意味もありません。

そして投資分を回収してからが実質な儲けなのです。では早く回収するためには2通りあります。

  1. 初期投資を少なくする
  2. 売上-経費=残る利益を増やすこと。

このふた通りです。

今回は初期投資の部分で考えてみましょう。

たこ焼きの移動販売は小さな軽自動車でも始めれます。自作ではじめようと思うと30万〜50万ほどの初期投資で抑えることもできます。

これは店舗のたこ焼き屋をはじめ、飲食店全般と比べるても考えられない低さです。またたこ焼き屋さんは道具も安価のため、10万もあれば余裕でお釣りが返ってきます。

TAKE
ということは初期投資を少なくすることは回収も早いので儲けが出るのも早いということに繋がります。

 

 

たこ焼きの移動販売は場所を選ばないので儲かる

移動販売のたこ焼きが儲かる4つ目の理由は

たこ焼きは売れる場所を選びません。

たとえば、パチンコ屋とかはカフェ系(カフェ・クレープ等)の移動販売車は比較的売れないと言われています。

それって開業当初はわからないですし、長くやっていてもこの現場ぜんぜんターゲットが違いすぎて売れないってことがあります。

しかしたこ焼きの場合は極端に突き抜けないですが、ぜんぜん売れないってことがないです。

たとえばカフェ系が5とかはとれるけど他の現場いくと1になってしまう中でたこ焼きの場合どこに言ってもオール3取れる商材なので強いんですよ。

移動販売を運営する上でオール3取るのは非常に大事なことなんですよ。

先程お伝えしたように

 

出店先にも困らないんですよね。

 

やはりコツコツ稼ぐことが上手くいく秘訣ではないないかと!

そう考えるとたこ焼きはホントめちゃくちゃ安定感ある商品だと感じますね。

 

ということで3つ目の儲かる理由は場所を選ばないということでした。

 

たこ焼きの移動販売は定番商品なので儲かる

移動販売のたこ焼きが儲かる5つ目の理由は

移動販売で儲かっている人は定番商品やっています。

 

そしてたこ焼きもその中の一つです。

焼きそば・からあげ・ポテト・クレープ・ケバブ・ステーキ等定番商品は強いです。

 

その理由として定番商品というものは昔から親しまれる食べ物なんです。

 

それを儲けている人は上手くアレンジしているだけなんです。

私がお客さんの立場で考えてもよくわからない商品を頼むよりわかりやすい商品を選びます。

 

というか商品を選ぶときは自然と親しみのある商品を選んでいます。

 

皆さんはどうですか?

ということで定番のたこ焼きはわかりやすいですし、親しまれる商品なので選ばれやすいので儲かります!

 

たこ焼きの移動販売は食材のロスが少ないので儲かる

移動販売のたこ焼きが儲かる6つ目の理由は

 

食材のロスが少ないので儲かるんです。

 

一般的なたこ焼きの食材は

 

たこ・粉・天かす・ネギ・紅しょうが

で構成されています。

たこ焼きの場合は食材を小分けにしやすいのが特徴です。特に私の場合は1.2kgの1一袋の粉を使用していますが小分けにして使うときもあるんです。

1.2kgなので1200gになります。それを5袋(1袋240g)これを一袋単位でしか使わないとロスでる確率も上がります。

仮に出てしまうと余分に経費がかかり原価があがることになってしまいますが、小分けにしておけばロスが最小限に抑えれるわけです。

TAKE
たこ焼きはそれが可能。それはタコ・天かす・ネギ・紅しょうがも同じことが言えます。食材のロスを減らすこと=儲けになるしくみ

なので小分けできて食材のロスを最小限に抑えれるたこ焼きは儲かります。

 

 

 

たこ焼きの移動販売は需要が高いので儲かる

 

たこ焼きの移動販売が儲かる7つ目の理由は

 

需要が高いということです。

 

たこ焼きの需要は昔と変わらず高いと感じます。

たこ焼きの仕事はまだまだありますし、前でもお伝えしましたが定番のものはやはり求められます。

主催者としても定番商品を扱っている業者は呼びやすいと言えるでしょう。またそれだけお客さんは求めていますし需要が高いので出店場所にも困りません。

移動販売の仕事の中でイベント以外で買い取りという仕事があります。

決まった食数を提供する案件です。

100食でたら終わりで100食でなくても100食分の売上分はいただける形です。その仕事が多いと感じます。

やはり求められているのでしょう。

 

ということで7つ目はたこ焼きの移動販売が儲かる理由は需要が高いからです。

 

 

意外とみんなやりたがらないたこ焼きの移動販売は儲かる

移動販売のたこ焼きが儲かる8つ目の理由は

 

意外とたこ焼き屋を皆さんやりたがらないんですよ!

 

わたしは知った時

 

「本当に?」

 

っという感じで驚きでした。

 

逆にいうと売れるのに皆やらないということはチャンスでしかないんですよ!

色々とお伝えしてきましたがたこ焼きは儲かる要素が多い商品なんですよね。

 

移動販売の同業者の方も

「たこ焼きは売れるよねーーーー」

って言います。

で皆さんやりたいとはいうですけどやらないのが現状です。

 

その理由として

大変だからという声が多いです。

たこ焼きを営んいる私としてはそこまで大変とは思いませんが

ではどう大変なのか?

 

平日とかで1人でもくもくとたこ焼きを焼くことに関しては問題ありません。

イベントとなると焼き手がいないのでその辺は苦労します。たこ焼きは焼き手いるかいないかで売上が大きく増減しますからね。

 

イベントでお客さんが大勢来られてオペレーションが回らない事もしばしば!

さらにイベントとなると人数がかなり必要となってきます。人集めるの大変なんですよー!

といった感じでそんなことを考えると皆さんやらないでしょう。ホント移動販売業界に入って1番意外だったかもしれません。

意外にやっているひとが少なく定番で売りやすいのでたこ焼きをオススメします。

周りにたこ焼き屋さんやっている人があまりいないのでわたしは稼げていると言っても過言ではないです。

ということで意外とたこ焼き屋さんがいないので稼げます。

 

移動販売を始める前に読んでおきたいおすすめ本
オススメ記事:移動販売を開業するなら読んでおきたいおすすめ本5選!【販売歴4年】

まとめ:たこ焼きの移動販売は儲かるための要素がたくさんあります

どうでしたか?

移動販売のたこ焼きって稼げる要素が沢山あるんですよね。

  1. やっぱり粉もんは儲かる
  2. 平日も儲かる
  3. 初期投資が少ないので儲かる
  4. 場所を選ばないので儲かる
  5. 定番商品は儲かる
  6. ロスが少ないので儲かる
  7. たこ焼きの移動販売は需要が多いので儲かる
  8. 意外とたこ焼き屋をやりたがらないから儲かる

 

なのでたこ焼き屋さんをやるのオススメします。

 

 

 

 

▼こちらでシェアできます▼

1 個のコメント

  • いつか、移動販売たこ焼きがしたいです、たこ焼きが大好きです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。