キッチンカー・移動販売の出店募集の探し方7つにまとめてみた。

こんにちは、たこ焼きブロガーたけ(@yumekanaeru1206)です。

移動販売を運営する上でいくつもの苦労する点がでてきます。
その一つは

「出店場所の確保」です。

ぼくも開業当初は、だいぶ苦戦しました。

「出店先がみつからない」
「来月の出店先見つかるかな〜」
「毎日不安だ〜」

開業当初は出店場所を確保できず、不安な毎日でした。
しかし、そんなことを言っても何も始まりません。

移動販売は出店しなければ継続できません。

この記事は

  • 開業したのはいいけど仕事がない
  • 出店したいけどどこか出れるところないかな〜
  • 出店情報ってどうやって得ればいいのかな〜

とお悩みの方に向けた記事です。

この記事を読んでもらえば
移動販売の出店情報はどうやって得るのか

がわかる記事になります。

たこ焼きの移動販売をはじめて4年目になるわたしがお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

移動販売の出店情報は「貸しスペース」サイトから得よう

移動販売は10年前ぐらいだと出店情報はあまりなかったんですがインターネットが普及し、どこからでも情報がえれる時代になりました。

またインターネットが繋がったことで今までなかったサービスがどんどん出てきています、その一つが「貸しスペース」というもの。

このサービスは空いた土地、スペースを借りたいという人をマッチングさせるサービスです。そんなサービスがどんどん出てきています。開業したばっかりの方は「貸しスペース」を利用しとにかく出店しましょう。

軒先ビジネス

こちらのサイトの出店情報としてはやや関東よりの情報ではありますが地方もちらほらあるので見てみる価値ありです。

そして出店料も安価なものもありますので開業当初はこういった出店料低めなところはオススメです。

 

土地・スペース活用情報サイト自由市場

移動販売の情報としてはドン・キホーテがだいぶ多いです。貸しスペースのサイトとしては最大級と言えます。

出店場所によっては審査があるものもあります。まずは「自由市場」に登録しておくだけでも安心感があるかと。

大和リース

大和リースは数としてはそんなに多いわけではないです。特徴としてはフレスポが多く他にもBivi・BRANCHなど、全国の商業施設の出店が可能になります。こちらも審査があります。

 

インターネットで出店情報はあふれている

上記で紹介した「貸しスペース」のサイト以外にもインターネットでは様々な出店情報があふれています。

昔から移動販売車を営んでいる先輩方からすると今は大分恵まれている環境とのことです。調べ方によってはいくらでも出てきます。

まだまだ沢山探せばありますので是非みてください。

スポンサーリンク

facebookなどSNSから出店情報を得よう

SNSからの情報はタイムリーな情報が多いです。イベント主催者がfacebookページとかで募集してたりもします、仲介業者等もけっこういます。

タイムリーな情報だけに逃さないようにこまめにチェックしましょう。

これだけ情報があふれているのに「出店場所がない」って言っている人は探し方を学べばまだまだあるのであきらめないでください。

暇しているのももったいないので。ネットを駆使して予定が埋まるまで調べ続けましょう。
移動販売は出店しないと利益を作れないので。

出店情報を発信しているfacebookページやTwitterはこちらになります。

 

また探し方としては「検索」するところに「移動販売」「マルシェ」「イベント」「出店」などの関連ワードを入れるとイベントや出店情報が出てくることがあるので検索してみてください。

調べ方一つで簡単に見つかりますので。

移動販売を営んでいる人のSNS・ブログから情報を得よう。

上記でお伝えしたことと捉え方は違い、移動販売を営んでいる人たちはSNS・ブログで出店情報を発信している人が多いです。

なのでどこで出店しているのかをチェックするのも出店情報を得る手段の一つ。

実際にそのイベントにいって「どんなイベントなのか」を体感することも非常に重要かと。勉強になりますし。

出店するのではなく場の雰囲気にあっているかどうか、コンセプトにあっているかどうかは出店する上で非常に大事な要素です。その辺は実際に出店現場に行き見極めましょう。

 

移動販売の組合、組織に登録しよう

移動販売の業界では組合というものがあります。先日もはじめてお会いした出店者さんに聞いたら「そんな組合あるんですか?」ということを言っていたのでみなさん意外に知らないんだなと感じました。

ざっとご紹介。

主に紹介させてもらったのは東海メインの組合になります。
検索の仕方としても「移動販売 組合」「移動販売 組合 愛知」のようにしらべてもらうと他にも全国様々な組合が出てきます。

ただ一つお伝えしておきたいのがここに載っていない地方の組合は良質かどうかはわかりません。

商工会議所など地元の繋がりで情報を得よう。

地元の繋がりは非常に心強いと言えます。わたしの地元の商工会は地元の人優先で仕事をあたえるという考え方はないのであたにはしておりません。

かならずしも仕事がもらえると思うとがっかりするのでその辺はあまり期待はしないほうがいいです。

ただ地元優先の商工会もありますので一度話を聞きに行ったり、一度加入しご判断されてもいいかと。わたしの地元だと加入するのに6000円ぐらいなので安いのでお試しください。

 

移動販売仲間から情報を得よう。

繋がりがあれば移動販売仲間からもお仕事いただけたりもします。わたしの場合、移動販売仲間からいただける仕事は大事にしています。

自分を選んでくれたってこともありますが信頼なければ仕事も依頼してもらえないですからね。純粋にうれしいです。

またそういったお仕事は今年、来年、再来年と毎年あるお仕事が多いと感じます。

毎年同じイベントに出ることはリピーターさんに来ていただけるというメリットがあります。また商売目線でみたら予算も立てやすいというのも理由の一つかもしれませんね。

まとめ

移動販売を営んでいる人、開業したばかりの人で「現場がない」と言っている方がちょくちょくいます。

しかしそれは「探してないだけ」「選んでいるだけ」「探し方がわからない」だけです。

今の移動販売業界は出店するところまだまだ沢山ありますよ。

移動販売は出店しないと何もはじまりません。なのでまずはスケジュールを埋めること。埋めることで出店者さんとの繋がりができたり、イベント関係者と繋がりができます。

出店することが何より重要で出店することがよりよい出店情報を得る手段と言えるので必死にインターネットで検索してください。

 

▼こちらでシェアできます▼