僕が海外で待ち合わせをして感じたこと!もっと海外旅行に行こう!

SPONSORED LINK

こんにちは、堀井威志です。(yumekanaeru21

2月に行った香港のブログを書いてて思い出したこと。

 

また先日havefunブロガーゴロウと話していた事と重なる点がある。

 

それは「世界は意外に近いということ

 

こんな人におすすめな記事

  1. 海外に行きたいけどなかなか最初の一歩が踏み出せない人。
  2. 海外旅行って価格高いから行けないんだよね〜と勝手に決めつけてる方。
  3. 海外ってある程度言語しゃべれないといけないと勝手に決めつけている人。
  4. 30代になって何かやりたいんだよね〜と思っている方

 

 

 

香港で待ち合わせをして感じたこと!日本人はもっと旅に出よう!

2月に僕は香港に行った!

 

いつもは1人旅だが今回は

 

移動販売仲間と現地集合。

 

最初は「集合」できるかと不安だった。

 

前日に連絡がきて

 

「着いたら連絡ちょーだい」とのことだった。

 

実際に香港に到着してから連絡が入っていた。

 

「何文田集合ね」と!

 

ちなみに何文田はこちら

 

僕は全然分からないままゲストハウスでチェックイン済ませ、何文田に向かう。

 

なんとかわからないなりにもスマートフォンで調べて何文田に到着!

 

そして感動の「再会」というか「集合」

 

日本とは「空気感」「言語」「食」「文化」は違うけれど

 

めちゃくちゃ日常が一変するかというそういうわけでもない。

 

意外にいつも通りだ!

 

そして2人はいつも通りな感じで街を歩いていた。自分の故郷かのように!

 

意外にその時身近なものに感じていた。

 

海外に対しての壁を作っているのは自分で

その壁を壊すのも自分だということ!

 

先入観で海外はこういうものだからと勝手に遠い所だと思いこんでいる可能性があるます!

前まで僕もそうでした!

  • 海外旅行は高いよね〜
  • 海外は怖いところだー!
  • 海外って行くの大変
  • そもそも英語しゃべれないし!

 

以前までは僕もそんなことを思っていたました。

しかしそんな自分で勝手に作ったフィルターは必要ありませんでした。

 

もちろん、国によって危険度は違ってくるので警戒する必要はあるけれど。

意外に海外は身近なものだった。

 

夫婦で世界一周に行っhavefunブロガーゴロウも言っていた!

友人でもあるhavefunブロガーゴロウに世界一周に行って感じたことは?

 

と聞いてみたことがある。

 

その時に「世界は意外に近い」と言っていた。

 

世界一周したって人は増えてきたけど、まだまだ少ないし、その壁は高く見ている傾向にある。

 

僕もその一人だったがゴロウのその一言で世界は近いんだと認識する。

 

 

日本人は世界を遠いものだと考え過ぎではないか!

最近海外旅行よく行っているね!って言われることが増えてきて思うのだが

 

行ったらいいのにって毎回思ってしまいます!

 

確かにわかります。

以前までは僕も同じ事を思っていたし、言っていた!

 

しかし本当のところ行かない理由ってなんだろう

 

お金なのか?

言語なのか?

ただ単に怖いのか?

休みが取れないのか?

 

そこでもしかしたら海外はこんなん、あんなんと勘違いしてるのでは?という点をあげてみた。

その1、海外旅行は高いと思っている!

いつのイメージをしているのかわからないけど、LCCも大分普及してきたことから

 

海外旅行は安価で行けるようになった!

 

実は先日、エアアジアで大阪ーホノルル間が就航した。

 

まだまだ知らない人も多く、セールの時期は時間帯よっては飛行機代がトータルで往復約2万円の時があった。

 

 

破格だ!

 

 

なかなか決済できず、実際は3万2000円ぐらいに収まった。それでも安い!これは明らかに安い!

 

そして2月に行った香港エクスプレスはセールで片道10円!

とほぼタダ同然だった。

関連記事はこちら


それを聞くとみんなはこう言う!

 

「そんな飛行機落ちるんじゃないの?」と

 

今の技術からしてそんな墜落するなんってまずないないでしょう。

 

とにかく今までの常識で考えたら不安に思うかもしれませんが

 

今の時代、常識はすぐに変わりますし

高価なものがすぐ安価になることはざらにあるということ。

 

その2、言葉の壁

これは毎回海外に行った際に感じることで

 

あきらめず熱意を持って伝えようと思えば相手に伝わるってこと。

 

僕は全くと言って英語が話せない。日本語もブログを見て頂くとわかると思うが

日本語も危ういぐらいのレベル!

 

中学生の成績ほぼオール1だ。

 

もちろん中学生の学力は言語とは無縁と言っても過言ではないが

勉強できない人、英語とかしゃべれない人でもいけるんだよってことをわかってほしい。

 

 

香港のゲストハウスでイタリア人と同じ部屋だったんだが

 

全然言葉が分からなかった。

 

聞こえた単語単語を調べて

 

その都度こちらの言いたいことを相手に伝えるという

 

スタイルでコミュニケーションを取っていた!

 

その時にイタリア人が言っていたこと。

 

日本人はCOLDって言っていた寒い、冷たいっていいたかったのかわからないがニュアンスは近い。

 

そして僕に対してYou!Hot!っていたのです。

 

その時、海外の日本人のイメージはそういうイメージ何だと感じました。

 

話しせなくてもいいんです。

 

もちろん中には冷たい態度をする人もいますがあきらめず自分の伝えたいことを最後まではっきり伝えましょう。

 

話せなくてもなんとかなります。そこに熱意があるのであれば!

 

最低限スマートフォンぐらいは持っておきたいのが正直なところですが!

 

その3、物理的に近い

パスポートというものが必要ってだけで場所によっては国内旅行よりも海外旅行の方が近いということもあります。

 

羽田、成田ーソウルは2時間〜2時間半で行けますし

 

福岡ーソウルに関しては約1時間半

 

で行けてしまうしまうのが現状です。

 

香港、台湾等もかなり近い!

 

だからもっと海外に一歩足を踏み込んでほしいのです。

 

僕は海外に行く頻度を増やしてから普段の私生活が変わってきた。

島国だからとか関係ない。

なんでこんなに日本人は海外旅行に行かないのか?

 

それは島国だからなのか?

 

と思い調べたら多分そんなことは関係ない。

 

同じ島国でも海外の旅行者ベスト5に入る国がある。

 

それは イギリスです!

 

ある統計によると日本人は1億2000万人の人口に関わらず海外旅行者は1800万にと2割にも満たない。

 

それに比べ同じ島国のイギリスは人口6000万程度の人口に関わらず、海外旅行者が有に5000万ということで9割超えでその違いは歴然。

なぜこうも同じ島国にも関わらず、海外に行く旅行者の数が違うのだろうか?

先進国の中で海外に行かない国はめずらしい。

 

島国だからか?

 

それは理由にならない。

 

イギリスも島国です。

 

やはり先程あげたことが理由だと考える。

行けないじゃなくて行かない

結構よく耳にするのが海外には休みがないから行けないという。

日本人は世界の人から見て勤勉というイメージがある。

それは同じ日本人としていえる。

日本人はホントに勤勉ですばらしいと思うがすべてそうかというとそうではない。

もっと休みを取るべきですし

ただ休み無しで働いてどうしたいのだろう。

 

お金はあくまで手段!

 

もちろん行く気がない人には何も言うつもりはないが

 

行けないって人は行けないんじゃなくて行かないだけ。

それに気づいてほしい!どうにでもなる。

 

休みも取ろうと思えば取れるし、ソウルなんかは日帰りで返ってこれる。

ソウルはいいや〜っていうのであればこの話は終わってしまいますが

本当に行きたかったら行けるから!

また本当に行けないって人は考え方や仕事をを改めた方がいいんじゃないでしょうか?

仕事だけするために僕らは生まれてきたないし

そんな缶詰め状態に麻痺してる。

昔自分がそうだったので言えること。

 

まとめ

海外で待ち合わせして海外が近いと感じた。

これからは海外で待ち合わせすることが増えてくるでしょう。

海外に臆することなくどんどん1歩、2歩、3歩と足を踏み入れて行くことで

また新しい世界が広がる。

たこ焼き・ラヂオ焼き専門の移動販売「とんぼ家」オーナー。2台経営。最高月商400万。移動販売コンサルタントとしても活動。当ブログ「たこたこぱーてぃー」運営。毎日寝てても暮らせるぐらいは稼いでます。でもそんな人生つまらないので、さらに、場所と時間と選択の自由を求め日々奮闘中。

詳しいプロフィールはこちらになります

友だち追加

SPONSORED LINK

▼こちらでシェアできます▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。