香港一人旅ー香港行くならここにいけ!絶品グルメ「ソフトシェルクラブ」を食べに行こう!

SPONSORED LINK

Thumb TUTG4339 1024

こんにちは堀井威志です。(yumekanaeru21)

皆さんは香港はどんなイメージでしょうか?

ジャッキーチェン?香港マフィア?ヴィクトリアピーク?

 

色々なイメージを持っているでしょう!

 

しかしこれが香港といっても過言ではない!

 

雑居ビルが立ち並ぶ「何文田」という所に今回は行ってきました。(僕の勝手な香港のイメージです)

 

ジャッキー・チェンの映画が育ったものでよくこんな雑居ビルが出てくるんですよね!)

早速紹介。

 

「何文田」駅からお店までの道のり

 

 

 

 

 

香港一人旅ー香港行くならここにいけ!絶品「ソフトシェルクラブ」

Thumb DYAI6292 1024

「何文田」は駅近くは、新宿とかそんなイメージですが少し道をはずれるこんな所に!

そしてこんな所に絶品「ソフトシェルクラブ」の名店がありました。

 

まず、今回なんで初旅行にも関わらずこんなアウトローなところに来たかというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thumb PNRM8417 1024

▲この方!

 

 移動販売の仕事仲間の兄貴的存在、有吉さんと香港で現地合流!

 感動の再開でしたね!「香港で会おう!的な」

 

 

 そして集合場所はいきなり「ディープタウン!」

 ここまで来るのに大分苦労しました。

 

 なんせ初香港で電車もわからない人がディープな街に行くのだから。

 行くときはちゃんと調べましょうね!

 基本調べて行かないので!ははは

 そんな旅も楽しいですよ!

 

 さて最初は

 「もっとわかりやすいところにしてくださいよ〜」って感じだったのですが

 

 この「ソフトシェルクラブ」食べたら

 

 「ありがとうございます!」

 って感じになりましたよ!

 Thumb PBIN8860 1024

 ▲ってことでとにかく乾杯ですよね〜「やっぱりうまい!ルービーコチラでは青島ビールばかり飲んでたな!」

  くうーーーー!

  ここまで来るの大変だったのと

  海外で集合ってことで旨さが倍倍増!

 

  Thumb IMG 1209 1024

  ▲「あ!野犬出るようなところなので注意してください!(実際はかいい犬です

 

 

 

 Thumb BNUR6039 1024

 ソフトシェルの前に一呼吸!

 

 ▲日本でいうアサリの酒蒸し!

  ちなみに広東語で

  アサリは→蜆、

  蒸すは→清蒸

  酒は酒か!

  とのこと。

  こちらは日本と違ってパクチーてんこ盛り!これがまた美味い!

  若干日本でもよくありますがあさりのなかの石が気になりましたね。




Thumb EUJA6601 1024 Thumb XVGP2847 1024

▲来ました!「ソフトシェルクラブ」

 この時は5個。

 2人だと奇数になってしまいますがその辺仲良くたべましたよ。

 しかしお互いこれでは足りなかったのでもう一度注文!

 ここのソフトシェルクラブは何回食べったっけ?って忘れるぐらい食べました!

 「ホントに美味いんだもん!

 この時は僕は白いシャツを着てたんですがソフトシェルクラブの中の溢れんばかりのカニのお味噌が飛ぶので汚さないようにご注意を!

 僕は汚してしまったので!

 

 という感じでこんなところです!

 知らなかったら女性一人で来ることはまずないかもしれません。

 不安かもしれませんが駅から近いですし意外と香港安全です!

 

 Thumb CACR2948 1024

 

The following two tabs change content below.
・たこ焼き・ラヂオ焼きの移動販売車専門店 「とんぼ家」オーナー 現在2台経営 ・ドローン空撮カメラマン ・ブロガー ・たまに旅人 最近ミニマリストを目指しています。その理由としては、物欲をどんどん感じなくなったのと、自分の好きなコトに集中できる人生を歩みたいと考えているからです。 詳しいプロフィールはこちらになります

SPONSORED LINK

最後までお読み頂いて有難うございます!気に入ってもらえたらシェアよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

・たこ焼き・ラヂオ焼きの移動販売車専門店 「とんぼ家」オーナー 現在2台経営 ・ドローン空撮カメラマン ・ブロガー ・たまに旅人 最近ミニマリストを目指しています。その理由としては、物欲をどんどん感じなくなったのと、自分の好きなコトに集中できる人生を歩みたいと考えているからです。 詳しいプロフィールはこちらになります