でミニマリストって結局何?って思ってるあなたへ

SPONSORED LINK

こんにちは、ミニマリスト目指していた堀井威志です。

最近、モノを減らしたり、自分の本当に集中したいことをしている中で気づいたことがある。

僕はもうミニマリストだということ。

ネットではミニマリズムという思想は「最小主義」という形で表現をしている。

でも正直、ミニマリストって何?って感じでした。

表現があいまい!

「より少ないもので暮らす」=「ミニマリスト」だと考えている人がいる。

この答えは半分正解!

自分も今までそういった考えて方をしていた一人だが

そもそも「ミニマリズム」という考えに定義はなく

人それぞれ生きる目的も違っていれば、所有するものも違う!

ミニマリズムは目的ではなく手段なのだ!

ミニマリズムという考えは充実した生活や人生を送るための手段にすぎない。

世の中で幸せに暮らしたくないって人はいないと思うが、ミニマリズムという考えは

幸せになるための後押しをしてくれる。

すべての「ミニマリスト」として生きている人たちが

「100個の所持品」で生きているかというとそうではない。

「テレビを捨てる」ことだけがミニマリズムでもない。

逆に車を所有しているミニマリストもいる。

また、物を捨てればミニマリストなの?というとそうでなはい。

そもそもミニマリズムにルールなんて存在しなかった。

単純にミニマリズムは不要なものを手放し大切なものだけに集中することだ!

大切なことは何か?

まずその1つは「健康」だ。

人は健康であるほど幸せを感じる。

「健康ではない」ことで健康であることがどれだけ大切かも気付かされる。

毎日当たり前のように健康の人はそんなことに気づきにくいかもしれないが

間違いなく「健康」というものは人類とって大切なことだ!

2つ目は「人間関係」

人は1人では生きていけない。

人は支え合って生きている。

人とより向き合うことでその大切さを知る。

3つ目は「自分にとっての大切なこと」

自分にとっての大切なこと。

それは他人にとっては大切なことではないかもしれない。

別にそれは一緒にする必要もなくて人と比べるものでもない!

自分の最大限が他人の最小限かも知れないし

他人にとっての最大限が自分にとっての最小限になりえる。

人と比べることが重要ではなく自分のやりたいことが出来ているかということが大切だということ!

まとめ

ミニマリズムは目的ではなく手段!

ミニマリストも目的ではなく手段なのだ!

大切なことに集中するとよりあなたの大切な何かが見えてくる!

たこ焼き・ラヂオ焼き専門の移動販売「とんぼ家」オーナー。2台経営。現在、移動販売コンサルタントとしても活動。当ブログ「たこたこぱーてぃー」運営。毎日寝てても暮らせるぐらいは稼いでます。でもそんな人生つまらないので、さらに、場所と時間と選択の自由を求め日々奮闘中。

詳しいプロフィールはこちらになります

友だち追加

SPONSORED LINK

▼こちらでシェアできます▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。