dji社ドローンMavicPro(マヴィックプロ)がおすすめな6つ理由!バランスの取れたコンパクトドローン!めちゃ使いやすいです!

SPONSORED LINK

はい!堀井威志です。

今回ご紹介するのはDji社MavicPro!(マヴィックプロ)

現在、dji社は世界No1のシェアを持つドローンの会社

そんな中でも予約が殺到しすぎて当時購入できなかった!

それが「MavicPro(マヴィックプロ)」

当時購入してから届くまで2ヶ月近くかかった。

それだけ世界の人たちが良さを感じたのでしょう。

現在は友人が購入して1週間程度で商品が届いたとのこと。(2017年7月5日現在)

 

 

現在購入して約4ヶ月が経とうとしている。

最初の頃は全然飛ばしてなかったんですが

最近は過ごしやすい季節になったということもあり頻繁にMaviicProを使用している。

使用している中で!自分が気づいたこととオススメな理由をご紹介

dpi社ドローンMavicPro(マヴィックプロ)がおすすめの理由!バランスの取れたコンパクトドローン!めちゃ使いやすいです!

Thumb WVMJ4113 1024

▲届いた時はワクワク止まりませんでした!しかし飛ばすところがわからなかったので

はじめは宝の持ち腐れで箱の中で眠っていました!

MavicProは200g以上のドローンということでDID(いわゆる人口密集地は許可なく飛ばせません)

飛ばすには国土交通省から認可をもらわないと行けないので飛ばしたい方は許可申請して認可をもらってくださいね!

基本200g以上だとかなりとばせるところが限られる!

ざっくり言えば、海、山、川、田んぼ、島といったところです!

他にもこんなところ飛ばせるよ!って穴場あれば教えてください!

またさらに飛ばすにも航空法以外にも、憲法、法令、条例等に基づいたところで飛ばさなくてはいけません。

DIDではないけれど施設とかで飛ばすも事前に確認が必要!

Thumb DSC02486 1024

▲しかし届いたときには感動しましたね!このコンパクトさには!

ドローンもそうなんですがプロポもかなりコンパクトです!

ちなみにプロポはコントローラーみたいなものです。

Thumb DSC02488 1024

▲充電はコンセントからだったので残念でしたがこれからモバイルバッテリーから充電できるようになることを期待!

コンパクト!そして携帯性に優れている!

とにかくコンパクトなんです!

DSC03261

▲ご覧の通りMavicProは羽が折りたためるのが特長的で小さめなカバンにも入るので旅行先にも持っていきやすいのでオススメ!

Thumb DSC03285 1024

▲こんな感じ!多少余裕があります!バッテリーも3個は余裕で入ります!

DSC03262 DSC03287

重さ

ドローン本体、プロポ、バッテリーのみ、の重さを計ってみた!

Thumb DSC03288 1024

▲本体はバッテリーつけている状態でも1Kgにも満たない!762g!

ジンバルカバーがついている状態!

これはMacbookよりも軽い!

こんな重量があるものが飛ぶなんて5年前では考えられなかった!

Thumb DSC03289 1024

▲本体と合わせて約1Kg!こちらも携帯性に優れている!

これがないとMavicPro(マヴィックプロ)は楽しく飛ばせない!

スマホでも飛ばせますが繊細なコントロールが出来ません。

セルフィー(自撮り)には問題ないかと!

スマホで気軽な感じだから気軽にその辺で飛ばしてはいけませんよ!

Thumb DSC03290 1024

▲大体Tシャツ2枚分程度

本体バッテリー付き 762g

プロポ 312g

バッテリーのみ 234g

全部で1,308g(予備バッテリー1個)

これぐらいなら持ち運んでも苦にならない!

女性もこれぐらいなら一人でも持ち運びがラクかと!

そしてこれだけの重量感があると風に負けない!

約200gのDobbyを操作して感じますが軽すぎると多少の風でも、風の影響を強く受けてしますが

これぐらいの重さがあればある程度は大丈夫だ!

先日、MavicProでも風が強い日に100mほど上げたら

「風の影響を受けています」とコンピューターが教えてくれましたが結構強い日だったので

よっぽどだと思います!

よく考えてみればそんな風強い時に飛ばすのは普通に考えてオススメ出来ませんけどね!

4K動画、静止画は文句なしの綺麗さ!

MavicProは飛ばすだけではなくで動画、静止画で空撮したりすることが可能!

スペックとしては4K動画と静止画1200万画素という高スペック!

4K動画に関してはDCI4K:4096☓2160 24P 正真正銘の4Kだ!

24Pというのは1秒間に何コマあるかというものでこの数値が高いほど動画がスムーズ!

今のところ気にならないです!

しかしカメラ性能を求めるとキリがないが初めてドローンを買うよ!って

方には十分すぎるスペック!

実際に撮った写真はこちら

Thumb IMG 4088 1024

▲編集はしていません。(奄美大島の朝日)

Thumb IMG 4098 1024

▲こちらも編集しておりません。(奄美大島の堀井です!)

被写体に文句つけられたら何も言えませんが

画質としては満足のクオリティー!

 

操作性

Thumb DSC03291 1024

▲スマホだけでも操作できますがオススメしません。(先程もお伝えしましたがセルフィーには向いているかと!)

プロポで操作することで繊細な動きができるので200%使用をオススメ!

あとプロポ使った方が操作が簡単なので安全性も上がる!

Thumb DSC03295 1024

▲実際にプロポを握った状態で人差し指辺りの所に静止画と動画が取れるボタンがあります。

Thumb DSC03294 1024

▲上記の写真で説明すると左のかめらマークが静止画ボタン

Thumb DSC03293 1024

▲右の赤いボタンが動画ボタン

ゲーム機で例えるとプレーステーションでいうLとRボタン!

ゲーム感覚で非常に操作性も抜群なので初心者の方でもすぐなれます!

ただ調子にのって操作しないように!

周りの方の迷惑になりますからね!

Thumb IMG 5704 1024

▲実際はこんな画面!

この写真は飛んでいませんが

MavicProのカメラ映像がスマホで直接見れるという形!

最初は細々としているのでどこが何を示指しているのかわからないかもしれませんが

ゲームと一緒で気づいたら無意識に覚えているます!

本体自体は高性能で一見難しいのでは?

という方は多いんですが実際に飛ばしてみると操作性は非常に簡単!

どんどん飛ばした者勝ちです!

自分のレベルに合わせてモードを選べる!

といっても最初は不安ですよね?

そんな方の為にDJI社のMavicProはレベルに合わせて色んなモードが用意されているます!

慣れていない間は

「初心者モード」

がオススメ

どういった機能かというと高さ、距離、共に近い範囲で制限をかけ飛ばすことができる機能!

最初はひたすらこのモードで練習しました!

だってどこか行ったら嫌ですから!

初心者モードである程度操作の感覚を掴んできたら

名前はわかりませんが

 

 

「通常のモード」

初心者モードを解除した状態!

ある程度高さ、距離共に制限を書けずに飛ばせます!

もちろん、航空法や法令、条例等に基いて飛ばしてくださいね!

ちなみに初心者モードと通常モードは障害物センサーが働くので安心!

今自分はこのモードでひたすら楽しんでいます!

すぐ調子にのるタイプなので自分で制限かけないと

ハメ外しそうで!

 

 

最後は

「SPORTSモード」

最初はこちらのモードはオススメしません!

首輪外しても自分は冷静にコントロールできるよ!って人は

自己責任でどーぞ!

障害物センサーは機能しないので人に対して突っ込んで行きます!

こちらのモードは玄人になってからやるべし!

公式ではMavicProは最高速度65キロも速度が出るのでそんな物が人にぶつかったら間違いなく大怪我!

実際にDroneWalkerほっくんがSPORTSモードで飛ばしているのを見ましたが気軽に出来ない!と思いましたので

十分練習してからやりましょう!

このようにMavicProはレベルに応じてモードも用意されているので安心使用できる!

バッテリーの長さ

コンパクトなDroneの中でもバッテリーの持ちは長い!

公式では1つあたり27分と記載!(通常約21分!こちらもDJI社HPに記載有り)

実際は風の影響、温度も影響するのでなかなか27分間飛ばす事は難しいがコンパクトなドローンの中ではトップクラスだ!

まとめ

DJI社のMavicPro!初心者から玄人まで楽しめるドローン!

レベルに応じてモードが別れその自分にあった楽しみ方ができるバランスのとれた

ドローンと言える!

また携帯性に優れ女性等に向いている!

今の時代のトレンドは携帯性に優れ、尚且つカメラが高性能で安全性があるMavicProではまいでしょうか?

The following two tabs change content below.
・たこ焼き・ラヂオ焼きの移動販売車専門店 「とんぼ家」オーナー 現在2台経営 ・ドローン空撮カメラマン ・ブロガー ・たまに旅人 最近ミニマリストを目指しています。その理由としては、物欲をどんどん感じなくなったのと、自分の好きなコトに集中できる人生を歩みたいと考えているからです。 詳しいプロフィールはこちらになります

SPONSORED LINK

最後までお読み頂いて有難うございます!気に入ってもらえたらシェアよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

・たこ焼き・ラヂオ焼きの移動販売車専門店 「とんぼ家」オーナー 現在2台経営 ・ドローン空撮カメラマン ・ブロガー ・たまに旅人 最近ミニマリストを目指しています。その理由としては、物欲をどんどん感じなくなったのと、自分の好きなコトに集中できる人生を歩みたいと考えているからです。 詳しいプロフィールはこちらになります