ミニマリスト目指してたら高級時計は僕にとって必要ないものとなったその理由とは

SPONSORED LINK

ミニマリストを目指してから色んなものが僕にとって必要ないものだと感じ始めた。

やっとの思いで購入した高価なものもよく考えてみると一時的な欲求を満たすモノだった。

その一つが高級時計。 高級時計を購入したのはさかのぼること9年前 当時サラリーマンをしていた僕は大学生の時から憧れていた高級時計をやっとの思いで購入。

しかも一括ではなく2年ローンというなんとも高級時計を着ける男に見合わない買い方だ。 そんな事を気づきながらも「とにかくほしい!」という一心で手に入れた。

当時の気持ちは鮮明に覚えている。 毎日、高級時計を眺めていた。 しかし会社にはして行かなかった。

どこかうしろめたさがあったのだろう。

やめる直前は高級時計をして行く自分 上司の顔色を伺う必要もないので。

更にダサ男だと感じる 今思えば普通時計で十分だった感じるが(もちろん適当なものは買わない) 今でも覚えているがよく怒られていた課長はROREXやIWCなど様々な時計をしていた。

よく怒られていた分課長が座っていて僕はその横で上からどんな時計をしているか目に入った。

しかし何を思ったのか完全に仕事が出来ない僕は上から目線だった。

「ただ高級時計を持っているだけで」

それを持っていることでスーパーマンになったと勘違いしていた!

実際には高級時計をもっているからといって 自分自身が強くなる訳でもないし 女性からモテるわけでもないし 旧に周りの態度が一変することはもちろんない。

高級時計を持っていたが会社では毎日のように怒られていた。

さらにダサさに磨きがかかった! そんな事にも気づかずサラリーマンをしている時は 完全に高級時計を持っていることがステータスだと勘違いしていた。

しかし気づけば高級時計がいらない自分になっていた。 その理由をご紹介!

ミニマリスト目指してたら高級時計は僕にとって必要ないものとなったその理由とは

自信が持てるようになった

おしゃれをするに当たって大学生の頃からブランドで身を固めていた。

サラリーマンの時もそうだし、最近までそういったスタイルが抜け切れていなかった。

決して悪いことだと思わないが完全に服に着せられている感が強かった。

それは時計も同様に。 しかしブランドで身を固めないと自信がない。

なのでブランドをあさる日々。

高級時計を買う理由は人それぞれ違うはず。

僕が購入した理由の一つは間違いなく 「自信がなかったこと」の現れだ。

最近は自分で独立起業し、まだまだだが当時と比べれば自分自身に自信が持てるようになった。

自信が積み重なってくにつれ高級時計の存在は僕にとってどうでもよくなっていった。

使う頻度が少ない。

もともと使う頻度が少なかった高級時計。

サラリーマンの仕事中は基本つけてなかったですし その後、独立してからも基本プライベートでしかつけていなかった。

それだけつけていないと より不要だと感じてしまう。

飽きた

人は値段関係なくどんな高級なものを持っていたとしても飽きるときは飽きるのだ。

車で例えればわからいやすいかもしれない。

基本車は時計より高い!時計より高価なものにも関わらず 飽きが来る。

昨日まで自分がめちゃくちゃ欲しかったものは1年後には飽きている。

 そんな流れが高級時計だからといっても来るわけだ。

僕にとっては必要なくなった

僕にとっては必要ではないかもしれないが誰かにとっては 必要なものかもしれない。

それは家にずっと置いといても時計がかわいそうだ。

時計は時計として使ってこそその存在価値がある。

ただ僕には必要なかった。

次は誰かに大切に使ってもらいたい。

AppleWatchの購入

AppleWatchを購入してより使う頻度がなくなった高級時計。

一時は未練たらしく2個つけていたが明らかに違和感がある。

2個持ちは物によっては便利に働く またしたいと思うが高級時計でなくていい。

AppleWatchは高級時計と違い様々な情報をくれる。

気温、予定、日の出、日の入り、カロリー計算 時には 「座りすぎだ!立て!」 と煽って来ることも!

(そんな言い方はしませんが) 健康にも気を使ってくれる AppleWatchというデバイスは明らかに 高級時計より自分に必要なデバイスだ。

物のアップデート

iphoneのアップデート同様に持ちものもどんどんアップデートしたほうが自分にとっても周りにとってもいい影響が生まれるのでは?

その理由として 同じものを使うことも大切なときはあるがそれまでの生活と変わらない。

iphoneの例でいうとiphone一つでこれだけ世界が変わったようにどんどん物のアップデートは必要だと感じた。

高級時計からAppleWatchに変えることでまた見える新たな世界 それは刺激的なことだし周りに対してもいい刺激を与えることになる。

iphoneも最初は誰も使ってなかった。

それがどんどんユーザーが増え世界が数年で変わった。

まとめ

高級時計は高級ってだけで僕らをスーパーマンにはしれくれない。

決して明日から運転手がつくわけでもなくただの自己満だ。

持っていることで自分の存在価値が上がるわけでもない

決してそれが悪いことと言っているのではなくて 更にこの時計は9年も持ち続けていた。

もういいだろうとも思えるし そこで余らしているお金を他のものや経験に使うことが 僕にとっての価値があがることに繋がるのではないか?

そう思ったのである。  

たこ焼き・ラヂオ焼き専門の移動販売「とんぼ家」オーナー。2台経営。現在、移動販売コンサルタントとしても活動。当ブログ「たこたこぱーてぃー」運営。毎日寝てても暮らせるぐらいは稼いでます。でもそんな人生つまらないので、さらに、場所と時間と選択の自由を求め日々奮闘中。

詳しいプロフィールはこちらになります

友だち追加

SPONSORED LINK

▼こちらでシェアできます▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。