【検証】タイ生活ー残金409バーツで乗りきれるか挑戦!2日目ー些細なことで喜べる

こんにちは、TABI-LEVELのたけ(@yumekanaeru21です。

タイで残金409バーツの生活2日目。朝から友人と購入した食パンをがっつきそしてこの日は1日目で購入しておいた13バーツのカップラーメンを昼ごはんとした。

 

残276

  • 水6.5バーツ(友人と13バーツの水を半分)
  • オムレツご飯50バーツ
  • 次の日の昼ごはん用カップラーメン12バーツ
  • 水1本13バーツ

この日に使った合計81.5バーツ

この日の残金194.5バーツ

日本でカップラーメンはまったく食べない自分だがこうやってお金がない状態だと13バーツのカップラーメンを重宝するようになる!(ちなみに日本円で約42円程度)

是非、このカップラーメンを一度食べてもらいたい。味としてはトムヤンクンのカップラーメンと言ったところではじめてパンガン島で食べた時には衝撃が走った一品!是非一度

この日は昼から晴れてきたので歩いてチャウエンビーチに行くことに。泊まっているゲストハウスから歩いて10分ほどでビーチに行けるので場所としては申し分ない。

またこういった移動範囲が狭い定住スタイルはインプットが少ない分疲れないので旅初心者にはオススメスタイルと言える。島を渡ってきて思ったことだがやはり移動には労力を使う。

IMG 2351 IMG 2369

▲さて海に行く前に水を購入することに。しかしお金がない僕としては13バーツの水を買うのも躊躇する。そこで思いついたのが友人と水をシェアすることだ。幸いなことにタイの水は量が多い。みた感じ1.5リットル程度はある。半分にしても充分な量を確保できる。これで6,5バーツで水を確保できた。

IMG 2371

▲最高に幸せな一時だ。水は最高に美味い!

IMG 2357

▲ビーチでまったり昼寝をし、ゆっくりとした時間も過ごすのも旅の醍醐味だ。誰に縛られることなく自分の時間を生きている。せかせかした時間を過ごしている人は特にこういった時間を過ごし自分の価値観を疑った方がいい。

IMG 2361

▲夜は1番の楽しみのディナー!ディナーといったら響きはいいが近所のごはん屋さんに行くだけ。しかしこういう時間が海外にいるときの方がより日本よりも幸せだ。

そしてタイは相変わらずご飯が美味い。1日目で80バーツのご飯を食べてしまったため、この日は計算上、50バーツのご飯しか選べない。ごはん屋さんのメニューを見てみると50バーツの商品は2種類しかないという現実。

自分の中では50バーツのおいしいご飯は半分あきらめていたので正直あるだけで満足。頼んだご飯の内容としてはオムレツご飯。量としては多く、味、量、値段と三拍子揃ってコスパがいいお店だった。

IMG 2373

▲お店としても綺麗なので清潔感を気にする人にでもオススメできるお店。

この日は次の日のプランを決めていた。せっかくタイに来たのでマッサージは行くことに。(マッサージ代だけは借りることに。日本で返済予定。有り難い)

また最終日空港までの移動手段はレンタルバイクで150バーツを確保していたがこの日友人もバイクを使うということで150バーツを3等分することに!

ということでこの日100バーツ浮くことが決定!旅のはじめ、酒の飲み過ぎで浪費していた時を思い返すと100バーツのありがたみをしみじみと感じている。

IMG 2363

▲この日は最後にコンビニで「水」と「次の日用のカップラーメン」を購入。100バーツ浮いたことで13バーツの水1本とカップラーメンを1個購入。

カップラーメンに関してはFamilyMartだと2つで24バーツだったので友人と購入して13バーツ→12バーツになった。1バーツでも節約することがタイ生活の醍醐味と言える。100バーツ浮いた途端少しお金持ちの気分になった1日でした。

スポンサーリンク

さいごに

タイは物価が安いので気にせずどんどんお金を使ってしまう傾向にある。それは別に悪いことではないがあえて節約をさらに意識することでお金のありがたみがより感じる。小額で生活するのも案外おもしろいのでタイに行く方はあえて節約生活に挑戦してみてください。

たこ焼き、旅、ブログが好きです。内申点10、初アルバイトは1ヶ月でクビ。
仕事、勉強できない僕がたこ焼きで起業し最高月商500万の起業家に!年間144日しか働きません。ブログ、旅,オンライン英会話、移動販売についておもに発信していきます。
詳しいプロフィールはこちらになります

友だち追加

▼こちらでシェアできます▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。