スポンサードリンク

やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方/自分を変える「7+1の習慣」ー安藤美冬 僕が人生で影響を受けた1人です!

購読 / シェア

やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方/自分を変える「7+1の習慣」ー安藤美冬 僕が人生で影響を受けた1人です!
The following two tabs change content below.
たこ焼きの移動販売車で転々と移動しながら仕事をしています。過去にFP、行商、訪販等様々な仕事をしたのち今に至る。現在、たこ焼き専門店「とんぼ家」の移動販売車2台の経営。ブログ「keeptrying」は人生挑戦し続けることをモットーに立ち上げました!グルメレポ、移動販売車、ライフスタイル、旅行等のブログ書いてます。 最近の自分の中のブームは「ドローン」 詳しいプロフィールはこちらになります

Thumb IMG 7097 1024

久々の安藤美冬さんの新刊!

タイトル『やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方ー自分を変える「7+1の習慣」

今習慣は自分の中でも毎日意識していること。

いい習慣で過ごすか、悪い習慣で過ごすか、どちらに関してもどう過ごすかで今後の自分の人生に間違いなく影響するだろう。

自分が人生で影響を受けた1人「安藤美冬」さんはどんな意識を持って毎日を過ごしているのか興味津々だったので今回購入しました。

安藤美冬さんを初めて見たのは情熱大陸!彼女が提唱していたノマドワークスタイル!

僕はそのライフスタイルに惹かれて行った。

彼女の習慣はどんなものだろうか?

早速紹介します。

 

やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方/自分を変える「7+1の習慣」ー安藤美冬 僕が人生で影響を受けた一人です!

「習慣」というと真っ先に僕がイメージするのはフランクリンコヴィーさんの著書「7つの習慣」。本書は「7つの習慣」の実践ガイドということで「7つの習慣」を知っている方は難しいイメージを持たれるかもしれない。

しかしこの安藤美冬さんの著書『やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方/自分を変える「7+1の習慣」』は非常にとっつきやすいものだった。

自分は「7つの習慣」も持っている。本としてはすごくいいものでオススメしたい部分もあるが、本としては分厚く難しい言葉で書き記されてると自分は感じてしまう。

この安藤さんの著書に関しては安藤さんの経験を元に書かれているのですごく読みやすいですし初めの一歩が踏みやすい内容だと感じた!

マイナス習慣を見直そう!

世の中完璧な人間などいないと思う。どんな人でもマイナスの習慣というものはあるのではないでしょうか?

マイナス習慣を考えてみると「暴飲暴食」「遅寝遅起き」「他責任」「継続しない」「愚痴をいう」など悪い習慣はいくらでもある。そしてそんな悪い習慣を見直すことって素直な自分でないとできないしすごく自分にとって嫌な作業だ。

今までマイナスの習慣で生きていたかもしれない。しかしそれは自分にとって心地いいものだとすれば、その習慣を肯定したくなるはず。客観的に見てマイナスの習慣だと断言できたとしても主観的にみると「マイナスの習慣を見直す」という行動はなかなかできない。そんなジレンマに陥る。

しかしそんなマイナスの習慣を見直すことで自分の中に入っている毒が見つかる。

まずは1度素直な気持ちでマイナスの習慣を見直して見てください。

自分もマイナスの習慣を見直して見た。

まずはそこがスタートだと言える。

口グセを意識する

普段、何気なく使っている「言葉」自分は無意識に使っているかもしれないが相手にとったらノイズになっている可能性が。

著書にもあるように口グセはその人を表す。悪い口グセであればそういう人に見られてしまいがちだ。それは非常に残念なことだし、悪い口グセを使っていたらいい習慣も生まれない。

「とりあえず」「一応」、よくありがちで自分も普段から使うことはあるが意識して使わないようにしている言葉。

とりあえずの人生にならないように今後も気をつけていきたい。

「3年サイクル」で人生計画を立てる

普段自分もよく計画を立てる。時系列で立てることが多い

安藤さんに関しては「3年サイクル」で立てており5年、10年先のことはほとんど考えておらず具体的なことを決めることはないらしい。

3年間という時間は何かを成すために最低限必要な期間だと安藤さんは考えている。

確かに自分も今まで1年ぐらいで大体の仕事をやめてきてやっと「たこ焼きの移動販売車」に落ち着き大分軌道に乗ってきた。

気付けば自分はたこ焼き屋を初めて3年目に入った。考え深いものがある。

さらには「大テーマ」「小テーマ」と位置づけゴールの3年後になっていたい状態を「大テーマ」1年ごとに「小テーマ」とし最終的にどうなっているか?という3年計画の立て方

計画も明確になることで行動しやすいですから。

具体的な行動を明確にする必要がある。

3年間計画は近い将来なのでイメージもしやすいですね。

自分もこの計画の仕方に変えて見たが確かに5、10年先まで今まで計画を立てていたが具体的なイメージができなかったが3年後だとイメージできるし具体的だ。

何より最近の世の中の変化のスピードはどんどん上がっているので先に立てすぎても計画が大幅に変化する可能性も高い。

そんな理由から3年計画は非常に現代にあった計画の立てかたではないでしょうか?オススメです。

自分デトックスが面白い。

自分デトックスと聞くと体のことか?と思ってしまいます。

「自分デトックス」とは、今の自分を総点検して3年後の自分の器に見合わないものをそぎ落とす作業のこと。

体だけに留まらず、身の回りの衣類、手帳、名刺等物質的なものから自分が使っている言葉等も「3年後の自分にふさわしくない」と感じるものをデトックスするというものだ。

さらには定期的に行うことがポイントという。そして習慣に繋がる。

 

 

 

まとめ

こちらの本は一言でいえば「7つの習慣」をわかりやすく砕いた習慣の本。

なかなか動き出せない方でも動けそうな内容で書いてあるのでかなりオススメだ!

また自分を見つめ直せる本だと言える。まずは自分と向き合うことから始めよう!

安藤美冬さん著書

 

僕が感化された安藤さんの初著書

セブ留学を検討中

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でyumekanaeru1206をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
たこ焼きの移動販売車で転々と移動しながら仕事をしています。過去にFP、行商、訪販等様々な仕事をしたのち今に至る。現在、たこ焼き専門店「とんぼ家」の移動販売車2台の経営。ブログ「keeptrying」は人生挑戦し続けることをモットーに立ち上げました!グルメレポ、移動販売車、ライフスタイル、旅行等のブログ書いてます。 最近の自分の中のブームは「ドローン」 詳しいプロフィールはこちらになります

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)