移動販売車の始め方ー安全性について(設営)

SPONSORED LINK

こんにちは、「人生一生挑戦!!!」堀井です!

移動販売車を始める上で非常に大事な「安全性について」お話ししていきます。

移動販売車というだけあってお客さん商売なわけです。

お客さんあっての移動販売車なんです。

販売する以前にお客さんの安全を確保することも自分たちの義務だと私は思っていますし

これから始める方たち、現在活動されている方たちには最低限、そういう気持ちを持って活動してもらいたい。

そういったことが「わかりません」という方は移動販売車やめておいた方がいいです。

そういう気持ちでやっていたら自分が痛い目見ると思います。

Thumb IMG 6053 1024

移動販売車の始め方ー安全性について

移動販売車は基本屋外で営業しています。

屋外で営業することはきわめて危険と隣り合わせだということを覚えておいてもらいたい。

特に風については厄介です。

外に立てているのぼりが倒れたり

車上の看板が倒れたり

タペストリーが風で煽られていたり

風の影響はダイレクトに受けます。

自分もお客さんがいなかったので本当によかった思いますが立てかけていた看板が風で吹っ飛ばされました。

そこにお客さんがいたらと思うと今でもゾッとします。

事故は起きてからでは遅いんです。

車の免許取得の際車校でも「だろう運転」ではなく「かもしれない運転」を心がけましょうと

言われるように移動販売車の営業時でも同じことが言えます!

大丈夫だろうが大惨事を招きます。

ではどのように対策するか?

先ほどの自分の話でいうと風に飛ばされないように車に引っ掛けるような金具をつけ対策をしました。

以前は立てかけておいただけだったのでそりゃー飛びますよね!

その金具をつけてからまったくビクともしません!

またのぼりなんかも風が強くなってきたら下げるべきだし、上に看板をつけている方も取るか下げるかして

お客さんの安全を確保してください。

また常時ヒモや結束バンドを車に乗せておいて対策抱けるような準備もしておいてください。

常に早め早めに動くことを心がけましょう。

売上を上げるより安全を確保する勇気を持とう

僕らは商品を売っている人。「商売人」です。売上を求めて日々奮闘しています。売上だけではもちろんありませんが。

毎日少しでも売上をあげようと奮闘しています!売上上げるのって簡単なことではありません。

皆さん必死でやっています。もちろん僕も必死にやっています。

もし今日出店していてめちゃくちゃ人が来るイベントでお客さんも来る!だだ‥‥

台風みたいに風が強いんです。看板飛びそうです。

そんな時、「あなたは勇気を持って看板を下げれますか?」

売上が下がるかもしれません。

今日しか売れる現場はないんだ!という現場日かもしれません。

そんな時あなたは看板を下げれますか?

今一度考えてみてください。

スタッフにも「安全性について」伝える

移動販売をこれから始める時にスタッフに任せる時が来るかもしれません。

移動販売でやっていく!って方は来るでしょう!

その時、自分だけじゃなくスタッフに対しても「安全性が共有できているか」

というのが非常に大事になってきます。

自分はその現場に行かないのであればよりです。

先日、ある現場に出店していた時のことです。

大きなタペストリーができてタペストリーのデビュー日

どうなるか楽しみだなーと期待していた1日。

しかしその日はあいにく風がものすごく強くてタペストリーが吹っ飛ばされそうになったらしいんです。

その現場に僕はいませんでした。風に負けないぐらい今後対策もしていかないといけないですが

その日、そのタペストリーをつけず営業しました!スタッフの判断です。

感謝してます。聞く感じだと本当に危なかったんだなーといった感じ。

それを自ら判断して行動してくれたスタッフに感謝!

今後は問題を共有してどう対策したらいいのかを話し合っていければと思います。

まさに人財!!!!!

とんぼ家伝えなくても伝わっていた

Thumb IMG 6052 1024

まとめ

売上よりお客さんの安全のが大事

勇気を持って行動することが大事

勇気を失えば全て失う

たこ焼き・ラヂオ焼き専門の移動販売「とんぼ家」オーナー。2台経営。最高月商400万。移動販売コンサルタントとしても活動。当ブログ「たこたこぱーてぃー」運営。毎日寝てても暮らせるぐらいは稼いでます。でもそんな人生つまらないので、さらに、場所と時間と選択の自由を求め日々奮闘中。

詳しいプロフィールはこちらになります

友だち追加

SPONSORED LINK

▼こちらでシェアできます▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。