築地虎杖 魚河岸千両(うおがしせんりょう)築地名物「元祖海鮮ひつまぶし」が食べれるお店!最後のシメには驚いた!めちゃ美味いです!

SPONSORED LINK

Thumb IMG 5746 1024

築地にある「築地虎杖 魚河岸千両(うおがしせんりょう)」ここは「元祖海鮮ひつまぶし」がオススメです!早速紹介します。

築地虎杖 魚河岸千両(うおがしせんりょう)元祖海鮮ひつまぶしが食べれるお店!最後のシメには驚いた!

築地は至る所にお寿司屋さんが立ち並んでいる。色々と迷われているならここをオススメします!

Thumb IMG 5700 1024 Thumb IMG 5701 1024

▲「海鮮ひつまぶし」だけではなくやはり築地、メニューも豊富に揃えています。店を決めてからさらに迷ってしまいますね!しかし、今回食べた「元祖海鮮ひつまぶし」をぶれずにオススメします。

Thumb IMG 5702 1024

▲入り口はすごく入りやすい雰囲気。しかしどこか中の雰囲気は上品さを感じさせる。店は2人掛けのテーブルが7席、カウンター席が10名ほど座れる広さになっている。デートで行くなら確実にカウンターをオススメしたい。お店はほぼ満席の状態。1人ということもありタイミングよく入れました。

入店する際ホールの方が「How many people?」と声を掛けてくれました。どうやら見た目が濃い顔なので外国の方と勘違いされた様子。観光客の方は外国の方が多いのでこういった対応も頻繁にやりとりするとのこと。そういったところからおもてなしの心を感じます。

今回迷いもなく「元祖海鮮ひつまぶし」を注文。注文してから商品が出てくるまでがすごく早く驚いた。5分もかかってないだろう。ちなみに最初に食べ方を教えていただけるので安心してください。

食べ方は以下の通りです。

1、ウニを避けて混ぜ半分ほどわさび醤油で食べる。

2、ウニとレンコンを混ぜてもう半分の3分の2を食べる。

3、最後に残した分をお茶漬けでいただく。

Thumb IMG 5705 1024

▲ジャン!ウニが真ん中にどーんと乗っています。他にも「マグロ」「サーモン」「いくら」「ホタテ」「甘エビ」「アナゴ」「イカ」「タイ」「スズキ」「タコ」「数の子」となんと12種類も入っているとは驚き!

予想以上にふんだんに海鮮が使われている。

Thumb IMG 5711 1024 Thumb IMG 5709 1024

▲食べ方その1:ウニを避けて半分を豪快に食べる。海鮮がご飯に贅沢に絡まって海鮮の旨味が口の中に広がります!わさびじょうゆをかけるのも忘れずに!

Thumb IMG 5713 1024

▲食べ方その2:ウニとレンコンを混ぜて食べます。したがウニとレンコンを混ぜた。ものです。段階踏んで美味しさがアップしていくので食べる楽しさがあります。そしてウニを入れた途端味に深みが出てさらに美味しくなります。そしてソフトとな歯ごたえの中にハードな歯ごたえのあるレンコンを入れるとさらに口の中が喜びます。これで終わっても十分すぎるぐらい上手いのですが最後のシメは圧巻です!

Thumb IMG 5715 1024

▲食べ方その3:最後のシメになります。見た目はちょっといいものではないですが食べたらその美味さに皆さん驚かされるでしょう!大将に聞くと強めの昆布だしを使っているということ。今まで感じたことのないお出汁の美味さを感じました。一言で表現するのであれば「でらうま」です!

まとめ

築地にある「築地虎杖 魚河岸千両(うおがしせんりょう)」元祖海鮮ひつまぶしは12種類の海鮮が入り、食べるほど美味しさが増してきます。最後のシメのお茶漬けに関しては圧巻の美味さなので是非築地に行かれる際は是非一度立ち寄って見てください。

関連ランキング:寿司 | 築地市場駅築地駅東銀座駅

The following two tabs change content below.
・たこ焼き・ラヂオ焼きの移動販売車専門店 「とんぼ家」オーナー 現在2台経営 ・ドローン空撮カメラマン ・ブロガー ・たまに旅人 最近ミニマリストを目指しています。その理由としては、物欲をどんどん感じなくなったのと、自分の好きなコトに集中できる人生を歩みたいと考えているからです。 詳しいプロフィールはこちらになります

SPONSORED LINK

最後までお読み頂いて有難うございます!気に入ってもらえたらシェアよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

・たこ焼き・ラヂオ焼きの移動販売車専門店 「とんぼ家」オーナー 現在2台経営 ・ドローン空撮カメラマン ・ブロガー ・たまに旅人 最近ミニマリストを目指しています。その理由としては、物欲をどんどん感じなくなったのと、自分の好きなコトに集中できる人生を歩みたいと考えているからです。 詳しいプロフィールはこちらになります