スポンサードリンク

空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?高城剛ードローンを制する者は、世界を制す!そしてドローンに対して思う5つのこと

購読 / シェア

The following two tabs change content below.
たこ焼きの移動販売車で転々と移動しながら仕事をしています。過去にFP、行商、訪販等様々な仕事をしたのち今に至る。現在、たこ焼き専門店「とんぼ家」の移動販売車2台の経営。ブログ「keeptrying」は人生挑戦し続けることをモットーに立ち上げました!グルメレポ、移動販売車、ライフスタイル、旅行等のブログ書いてます。 最近の自分の中のブームは「ドローン」 詳しいプロフィールはこちらになります

皆さんは今後どういった未来を描いていますか?

 

明るい未来?それとも暗い未来?

 

私は明るい未来しか描けない!そして未来に対して常にワクワクしている。今となっては当たり前のように使っているiphone!

 

皆さんは10年前、20年前iphoneをイメージしていましたか?きっと出来てた人はいないではないでしょうか?

近年テクノロジーの発達によって10年、20年前と比べ比較にならないほど便利且つ生き方が幅広くなったと感じます。そしてそのスピードも年々上がっている気がしています。もし今後の未来がわかるとしたら知りたいと思いませんか?そしてもしその未来が現実のものとなったらあなたはどうしますか?

この本には今後近い将来ドローンを通じてこうなるだろういう高城剛さんの描く未来が詰まっていました。またドローン関係者の方に高城剛さんが実際に取材した内容が詰まっていました。早速紹介します。

 

IMG 4412

空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?高城剛ードローンを制する者は、世界を制す!そしてドローンに対して思う5つのこと

この本には間違いなくドローンは普及すると書かれている。それに伴ってどう世界が動くのか?どう生活に影響するのか?

ある程度この本に描かれていることが近い将来起きるだろうと私は思います。そしてそれ以上の未来が待っているとも感じるます。現在地上市場は開拓され続けているが今後は空の市場が開拓されるという。まだまだ法整備がされていない為普及するまである程度時間はかかります。実際スイスでは山の方で実際にドローンを使って配送サービスが行われているという。日本は千葉がドローンの特区となっていて少しづづではあるがドローンに対して前向きに動いている。

 

 

 

 

ドローンに対して思うことその1

この本には過去を振り返り今後の未来の事を描かれていました。遡れば19世紀!当時まだ自動車が出始めの頃、当時は車は大体5キロ程度で走っていたと知り驚きました。今となっては考えれない速度です。昔の人は車に対して未来を感じれていなかったんではないでしょうか。現代では車がなければ社会が成り立たないようなモノになっている。少し前で考えればパソコンやインターネット、スマートフォン!欠かせないモノとなっている。そして今後ドローンもそうなって行くと考えられています。しかしそれらのモノは最初からプラスで考えられたいた訳ではなく逆に失敗に終わるとまで思われていたモノも中にはありました。ドローンもそう思われているかもしれません。しかし私たちの生活に順応した時の事を考えたらとさらに素晴らしい世の中が待ってると感じます。実際にamazonがドローンを使った配送サービスに対して色々と動いてます。これが現実のものとなったら間違いなくiphone以上に革新的な未来がきっと待っていると感じます。

 

ドローンに対して思うことその2

もちろんドローンが普及して考えれることはいいことばかりではありません。本の中でも書かれていますが 首相官邸にドローンが落下するという前代未聞の事件があった。この時には何も被害はなかったが今後ドローンが普及するに伴って戦争や犯罪で間違いなく使われるという懸念をしている。

実際に過去を振り返ってもそういった革新的なものが出るたびに犯罪も増えている。車を使った犯罪、インターネットを使った犯罪等、そういったモノはいつも犯罪と隣り合わせです。今後よくなる分には喜ばしいことだがマイナスなことは確実に起こるはずなので正直不安です。

ドローンに対して思うことその3

今世の中に出ているドローンを調べるほど驚かされる。今世界的に大ヒットしているdjiのPhantomというドローン。この中の本でも紹介されいるが中国の会社が作った今世界的に一番シェアがあるドローンです。実際にどういったことができるか調べたら空撮ができ、GPSで居場所がわかったり、ルートを決めて自動で飛ばしたり、追い撮りまでできてしまう。今中国の技術はそこまで進歩しているということを実際に証明している。そして本の表紙にも書かれているように「ドローンを制する者は、世界を制する」とあるがそれが確信的なことだとしたら現時点で将来世界を制することになるのは中国になる。そしたら今後日本はどうなっていくのか?これは自分の生活にも影響してくることだと思うと軽視はできない。

ドローンに対して思うことその4

やはりプラスの事をイメージできることが多く、人がめんどくさがってやらないことや人が危険にさらされる仕事をドローンにやってもらうということ。そこにはビジネスチャンスを感じるし、さらに豊かな未来が描ける。特に私としては農業に関して大きくドローンが活躍するのではとこの本を読んで確信した。日本の作物は世界からしたらレベルが高い。特に日本の果物は世界で高く売られている。しかし農業離れも後を絶たない。そこで活躍するのがドローン。自分のイメージとしてはドローンが世界的に普及すると餓死する人たちまで減ると睨んでいる。一番私が気になるのはドローンの農業進出だ!

ドローンに対して思うことその5

最後に思うことはとにかく実際に買って使って感じることが大事ってこと!現在何を買おうか検討中!!!!


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でyumekanaeru1206をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
たこ焼きの移動販売車で転々と移動しながら仕事をしています。過去にFP、行商、訪販等様々な仕事をしたのち今に至る。現在、たこ焼き専門店「とんぼ家」の移動販売車2台の経営。ブログ「keeptrying」は人生挑戦し続けることをモットーに立ち上げました!グルメレポ、移動販売車、ライフスタイル、旅行等のブログ書いてます。 最近の自分の中のブームは「ドローン」 詳しいプロフィールはこちらになります

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)