スポンサードリンク

うえのー広島で有名な「あなごめし」一口で虜になってしまった!是非宮島に行く前に寄ってもらいたい!めちゃ美味かった!

購読 / シェア

The following two tabs change content below.
たこ焼きの移動販売車で転々と移動しながら仕事をしています。過去にFP、行商、訪販等様々な仕事をしたのち今に至る。現在、たこ焼き専門店「とんぼ家」の移動販売車2台の経営。ブログ「keeptrying」は人生挑戦し続けることをモットーに立ち上げました!グルメレポ、移動販売車、ライフスタイル、旅行等のブログ書いてます。 最近の自分の中のブームは「ドローン」 詳しいプロフィールはこちらになります

Thumb DSC00553 1024

こちらのお店はJR宮島口駅と広島電鉄の宮島口駅の間にある「あなごめし」の老舗「うえの」さんです。

早速紹介します。

うえのー広島で有名な「あなごめし」一口で虜になってしまった!是非宮島に行く前に寄ってもらいたい!めちゃ美味かった!

Thumb DSC00549 1024

場所としては青い看板が見える辺りです。

Thumb DSC00556 1024

Thumb DSC00554 1024

▲創業明治34年!100年以上続いてますね!すごい!それだけ求められるものなんだな。

遠くから見てもこの看板は見えますのでこちらの看板を目印に来ることをオススメします。

この日は平日にも関わらず満席!!!!!30分待ちでした。もちろん待ちます。11月のこの時期は凄く外で待っていると寒いです。

ですが待機所もちゃんとあります。

ちなみにそんな待てないよ!急いでる!でもどうしても食べたい!という方はあなごめしのお弁当もあるのでそちらを選ばれてもいいかと思います。

ただ自分のオススメはやはりお店で食べるのをオススメしますが!

Thumb IMG 2516 1024

▲10人以上待っていました。しかしこんな風情あるおしゃれな待機所は初めてです。しかしこういった気配りがあるからこそこれだけ長く続いた所以なのでしょう。

 

 

Thumb IMG 2518 1024

Thumb IMG 2521 1024

▲席は相席でした。大勢いるので席の間隔は狭めだが気になりませんでした。基本お客さんはご年配の方が多かったです。外国の方は見られませんでした。普段相席はあまりないんですがたまにはいいものですよ。待っている間に地方の方と色々お話しているとあっという間に注文したものが出てきました。

ちなみに自分が頼んだのは「あなごめし並」です。

宮島に渡ってからも食べようと思ったので特上はやめておきました。結果正解でした。

Thumb IMG 2523 1024

▲風情ある器です。さすが100年以上続いているだけあります。

Thumb IMG 2525 1024

▲あなごがぎっしり!詰まっています。うな重と比べてそんなタレはかかっていないです。

Thumb IMG 2527 1024

▲贅沢すぎます。本当ご飯が見えないぐらいあなごが敷き詰められていました。

Thumb IMG 2532 1024

▲とろけますよ!これ!しかもタレがそんな掛かってないので全然くどくないのでどんどん入っていきます!

ご飯も丁度いい堅め具合で最高です。ご年配が虜になるわけだ!いやなったのは僕だった。

個人的な意見ですが自分はうな重よりこっちのが好きになりました。

まとめ

明治34年から続く「あなごめし」専門店の老舗「うえの」さんは行ってみたら大忙し!30分以上待ちで、僕が帰るときに来た人は1時間待ちと言われたいた。

ただそこには1時間も待つだけの「あなごめし」が待っていた。一口食べた瞬間口の中でとろけ、これが本当のとろけるってことなんだと実感。

今回、広島の観光雑誌を見て自分は「あなごめし」を初めて知ってちょっと知らなかったのが恥ずかしいが広島のうまいものは?と聞かれたらまず「うえの」さんを

僕はあげるだろう。是非行ってみてください「!

関連ランキング:丼もの(その他) | 広電宮島口駅宮島口駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でyumekanaeru1206をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
たこ焼きの移動販売車で転々と移動しながら仕事をしています。過去にFP、行商、訪販等様々な仕事をしたのち今に至る。現在、たこ焼き専門店「とんぼ家」の移動販売車2台の経営。ブログ「keeptrying」は人生挑戦し続けることをモットーに立ち上げました!グルメレポ、移動販売車、ライフスタイル、旅行等のブログ書いてます。 最近の自分の中のブームは「ドローン」 詳しいプロフィールはこちらになります

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)