Progateのおすすめ勉強法「SkillHacks」から学ぶと理解度アップ【実体験】

TAKE
こんにちは過去にプログラミング挫折した Take (@yumekanaeru1206 )です。

近年、プログラミングを学ぶ人が増えてきた印象です。僕もその一人ですが、プログラミングの勉強ってホント地道。

何でもそうだとは思いますが、せっかく学ぶのであれば効率よく学びたいですよね。またできるだけお金をかけずに学びたい!そんなことはお思いではないですか?

僕は過去にプログラミングスクールに通っていましたが挫折した経験があるので人一倍感じます。またわかりやすいツールで学びたいと思います

 

そこでおすすめなのプログラミング学習ツール「Progate」。

 

ただいきなり「Progate」を学ぶのはあまりおすすめできません。Progateは学ぶ順序でより効率よく理解度アップするおすすめな方法があります。

その手順はSkillhacksで学んでからProgateで学ぶという勉強法です。

この記事ではSkillHacksとProgateのユーザーでもある僕が

  • Progateとはなにか?
  • SkillHacksとはなにか?
  • なぜSkillHacksから学んだほうがいいのか?

このあたりについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

Progateとは?

Progateとはプログラミングをオンラインで学べる学習ツールです。

学び方としてはイラストのスライド式で学習したのち実際にプログラムを書いて学ぶという至ってシンプルな学び方です

  1. 最初にスライドで概要を学ぶ
  2. 実際にコードを入力する
  3. すべて正解していたら次に進む

といった流れで学んでいきます。

Progateは最初スライドで学んでから実際にコードを入力して実践して鍛えます。

また正解したら次に進めるようになっているんですが正解していくごとに自分のレベルが上っていくようなゲーム感覚な形式になっているのがメリットの一つです。

 

勉強苦手な方でも楽しく学べますよ。

ただわからなくて行き詰まった時はヒントや答えをみるかしかありません。誰かに質問できるわけではないのでそれがProgateの欠点だと感じます。

学べるコンテンツは以下の通り。

  • HTML/CSS
  • javaScript
  • jQuery
  • Ruby
  • Ruby on Rails5
  • PHP
  • Java
  • Python
  • Swift
  • Command Line
  • Git
  • SQL
  • Sass
  • Go

その中でもHTML/CSSやRudy/Ruby on Railsを学ぶ人にとってはSkillhacksを最初に学んだ方がいいと感じます。

なぜかは最後に語っています。

SkillHacksとは?

SkillHacksとは今まで3000人にプログラミングの指導をしてきたプログラミング講師として2年間の実務経験がある迫佑樹さんのオリジナルのオンラインプログラミング教材です。

コンテンツの内容は以下の通り。

  • 第00章 事前準備をしよう (2本)
  • 第01章 HTMLのサイト作成講座 (6本)
  • 第02章 CSSでのWebデザイン基礎講座 (6本)
  • 第03章 HTML/CSSワークショップ -自己紹介サイトを作ろう- (6本)
  • 第04章 Bootstrap活用デザイン講座 (7本)
  • 第05章 Rubyプログラミング学習講座 (12本)
  • 第06章 Rubyワークショップ -メモアプリ開発- (7本)
  • 第07章 Ruby on Rails コントローラ・ビュー編 (14本)
  • 第08章 Rails基礎講座 モデル・データベース編 (10本)
  • 第09章 Rails実践編 メモアプリ開発・デプロイ (11本)
  • 第10章 Rails実践編 メモアプリに削除編集カテゴリを追加 (13本)

内容としてはProgateと比べ幅広くないですがとにかくわかりやすい。なので最初HTML/CSSやRudy/Ruby on Railsを学びたい方にはもってこいです。

 

このSkillHacksの最大のメリットは教材の中のことはLINE@で質問し放題ということ。

 

なので学んでいる最中けっこう壁にぶつかりますが、LINE@で質問できるのですぐ解決できます。迫さんの対応が圧倒的に早いので。

ただ、あくまで基礎的なことを学ぶ教材なので継続してさらに学ぶ必要があります。

控えめに言ってSkillHacksは良質なプログラミングのオンライン学習ツールです

関連記事:Skillhacksをプログラミング挫折者のぼくが体験して感じた5つのメリット【レビュー】

 

 

 

スポンサーリンク

ProgateとSkillHacksを比較

それぞれメリット・デメリットあるので簡単にまとめておきますね。

Progate SkillHacks
メリット ・モチベーション維持しやすい
・ゲーム感覚
・学べる範囲が広い
・無料でできる(一部有料)
・LINE@で質問できる
・わかりやすい
・スキルアップしやすい
・理解度上げる
デメリット ・質問できない
・動画ではないから理解しにくい
・スキルアップしにくい
・理解度低い
・有料
・学べる幅は広くない

 

どちらのメリット・デメリットもお互い補えるかと。なので両方やることで相乗効果でスキルアップに繋がります。それでどのように学んだ方が良いかは次で解説してあります。

 

なぜSkillHacksを学んでからProgateで学んだ方がいいのか?

ここまでProgateとSkillHacksを解説してきましたがどちらもメリット・デメリットがあるんです。でそのデメリットを補う上で大切だと思うのが学ぶ順番なんです。

ぼくははじめProgateから学びましたがHTML/CSSの初級編の途中で一旦やめてしましました。

その理由としては

 

あまり理解していないことに気づいたから。

 

Progateの理由はゲーム感覚でできること。たしかにこれは自分の中でもメリットと感じており、どんどん自分のレベルが上がるので楽しく学べていました。

 

しかし

 

じゃあ実際自分の身になっているか疑問でした。

 

正直どんどんこなしてはいたけど、

「実践でつかえるのか」「これはただゲームしてるのと変わらないのでは?」

そんなことを思うようになりました。なのでムダな時間をぼくも過ごしたくないので一旦やめたんです。

 

そしてそのあと

 

SkillHacksの登場でぼくは気づいたんです。

 

今までなんとなくProgateをこなして来ましたが本質を理解していませんでした。実際にProgateをやる目的としても実践で使えなければなんの意味もないのでは?と思います。

 

で、SkillHacksを通じてHTMLとCSSなどの仕組みがどうなっているのかを理解したのちProgateを久々やってみたら

「もしかしたらこうかな」

など自分の中で仮説を立てて自分で進めれるようになっていることに気づいたんです。

 

またSkillHacksは講座内ではありますが、質問し放題なので自分の理解を確認できるツールとしても使えるのでより理解が深まります。

SkillHacksは詰め込み式講座ではなく考え方を教えてくれる講座なので自分の血となり肉となります。

なので学ぶ順番が非常に大事だと感じました。

 

 

 

まとめ:SkillHacksから学んだ方がよりProgateの理解が深まる

いかがでしたか?

プログラミングを学んでいる人、これから学ぶ人にとってプログラミングツールを使う順番というのは非常に大切だと思います。

僕のおすすめはSkillHacksを学んでからProgateを学べることです。その順番で学ぶことでお互いのメリット・デメリットが補えます。

Progate SkillHacks
メリット ・モチベーション維持しやすい
・ゲーム感覚
・学べる範囲が広い
・無料でできる(一部有料)
・LINE@で質問できる
・わかりやすい
・スキルアップしやすい
・理解度上げる
デメリット ・質問できない
・動画ではないから理解しにくい
・スキルアップしにくい
・理解度低い
・有料
・学べる幅は広くない

 

今ではProgateも意味を理解して進めているのでより身になっていると感じます。

なのでこれからProgateで学習しようとしている人はSkillhacksで学んでからProgateを活用することをおすすめします。

関連記事:Skillhacksをプログラミング挫折者のぼくが体験して感じた5つのメリット

関連記事:なぜプログラミングを始めるべきなのか?その3つの理由とは?

 

 

▼こちらでシェアできます▼